食品衛生法による飲食店への規制

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

食品衛生法

ビル

食品衛生法による飲食店への規制

食品衛生法という飲食による衛生上の危害を防止する法律によって、私たちの食の安全は守られています。
この法律では医薬品など一部を除いたすべての食品の販売や加工に規制がかけられており、腐敗しているものや人体に害のあるもの、異物などが混入しているものは販売が禁止されています。
この法律により監視されているものは採取から製造、輸入、加工、使用、調理、貯蔵、陳列と広くにわたります。
また食品にかかわる器具や容器、包装も規制の対象となり、清潔で衛生的でなければならないとされます。
こうした規制の多くにかかわる事となる飲食店などは、公衆衛生に与える影響が大きいとして、都道府県知事に営業許可を得なければなりません。
対象となるのは食堂やレストラン、喫茶店、給食施設など食品を調理したり、設備を設けて客に飲食させる営業となります。
主に衛生面と管理面についての基準が定められており、清潔が保たれているか、害獣、害虫への対策はできているか、施設内の区画が明確にされているかなどを満たしているかが審査されます。
他にも施設ごとに専任の食品衛生管理者を置く義務があったり、保健所に配置されている監視員による監視、指導が行われており、消費者が飲食店で安心して食事ができるようになっています。