食品衛生法と食品表示法

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

食品衛生法

ビル

食品衛生法と食品表示法

飲食によって起きる危害から消費者を守る法律が食品衛生法です。
この法律によって医薬品などを除いたすべての食品は監視され、食品や添加物の製造や加工などあらゆる工程で基準が設けられ検査されていて、腐敗しているものや有害な成分を含んでいるもの、異物が混入していた場合などの販売は禁止されます。
この法律では他にも器具や容器包装にも規制がかかっており、清潔で衛生的でなければならないとされています。
また飲食店などは、公衆衛生に大きくかかわっているため、様々な基準や審査を満たして営業する許可を得る必要があります。
こうした規制とは別に消費者側から安全、安心だと思えるもの、必要だと思ったものを選択できるようにする法律が食品表示法です。
この法律はかなり最近になってできたものですが、製造所を調べやすくする表示をしたり、食品に含まれるアレルゲンの表示を細かくわかりやすくしたり、また原材料と添加物の区分を明確にする、消費期限や保存方法が省略不可とするなど、消費者に必要な情報をよりわかりやすくするものとなっています。
食品衛生法によって安全なものが提供される。
食品表示法によって必要なものを選べる。
この二つによって、一人一人最適な飲食行えるようになっています。