食品表示法でわかること

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

食品表示法

ビル

食品表示法でわかること

食品表示法というのは、「食品衛生法」、「JAS法」、「健康増進法」を総合したものです。
食品衛生法では衛生的な観点による表示、JAS法では品質に関する表示、健康増進法では栄養価などを表示して、国民の健康をはかるというものです。
具体的には、食品を購入したときに、裏面のパッケージなどにその食品に関する情報が記載されています。
食品表示法では、「食品の名称、原産地、原材料、栄養成分、内容量、保存方法、賞味期限、販売者名」などの表示を義務づけています。
このうち、食品衛生法にあたるのは、賞味期限や保存方法などに関する表示です。
また、JAS法では、原産地や原材料、内容量などを記載するように義務づけています。
産地偽装などを行った場合は、このJAS法に抵触します。
健康増進法については、栄養成分の表示の部分で、その食品のカロリー、タンパク質や脂質、炭水化物などの栄養素がどれぐらい含まれているかが表示してあります。